忍者ブログ
≪ Newer - HOME - Older ≫
今月の料理教室は「アレンジ中華」をテーマにしてメニューを構成しました。
今回はその中から「豚肉とキムチの揚げ春巻」のレシピをご紹介します。

カリッとした皮が香ばしく、揚げたてがやっぱり一番だけれど、冷めても本当に美味しいし
一度にたくさん作って冷凍保存も出来る優れもの。
こちらは小さくつくるレシピですが、普通の春巻の巻き方で、一緒にチーズを巻いたものを
以前立ち上げに関わらせて頂いたカフェのメニューとしてお出しいていた時期がありました。

我が家では、夏の暑い日にビール片手によく登場する一品です。




〜豚肉とキムチの揚げ春巻〜

材 料:18〜20個分(春巻きの皮 9〜10枚分)
    豚ももスライス 200g →幅5mmくらいに切りボウルで下味をつける
    酒、醤油 各大さじ1/2 →ボウルにいれて豚肉に下味をつける(5分〜)
    キムチの汁 適量 →酒、醤油とともに肉の下味に使用
    キムチ 200g →幅5mmくらいに切っておく
    胡麻油 大さじ1/2 →フライパンへ
    紹興酒(または酒) 大さじ1
    白炒り胡麻大さじ1〜2(お好みで)
    春巻の皮 9〜10枚 →1/4に正方形にカットして2枚ずつはがして使用

    小麦粉&水 適量:春巻きののりとして使用します
    揚げ油 適量:フライパンに2〜3cmで十分です


作り方:1)フライパンに胡麻油を熱し、下味をつけた肉を下味ごと全て入れて
    強火で色づくまで炒めたら紹興酒を加えてアルコール分を飛ばす

    2)キムチを加えて水分が半分くらいになるまでよく炒めたら火を止めて
    白炒り胡麻をまぶし、ざるに移して水気を除きながら冷ます

    3)春巻の皮の左右の辺に水溶き小麦粉をのせ、中央に冷ました具材をのせて
    手前から空気が入らないようくるくると巻き、巻き終わりにも水溶き小麦粉をつけ
    左右と共にしっかりとめる(写真参照)   
    


★すぐに揚げる場合は170度の中温でこんがりと色付くまで揚げれば出来上がり。冷凍したものを揚げるなら、凍ったまま160度の低温からじっくりと揚げ、徐々に温度を上げてカリッと仕上げます。何もつけずにこのままどうぞ。


memo:小さな春巻ですが、具材はしっかり大さじ1くらいくるむので、豚肉もキムチも細く切っておかないと皮が破れてしまいます。また、水分があると皮がふやけて包みにくいので、炒めた具材はざるにとり、しっかり水気を切っておきます。春巻の皮も2枚重ねで使用した方が、包みやすいし香ばしく仕上がって美味しいです。
キムチの汁は美味しい調味液。肉の下味として酒、醤油と共に使用します。

冷凍する場合は春巻同士がくっつかないように、間隔をおいてラップに並べて包みます。また、このときに空気が入りすぎると空気の中の水分が霜となってしまうのでなるべく空気をいれないように包み、更にジップロックなどに入れて冷凍します。

春巻の皮は大体20枚入りなので、倍の量で作って冷凍してもいいですが、残ってしまったら小さく短冊切りにして、油で揚げるとかりかりになるので、シリカゲルと共に密閉容器に入れ、サラダのトッピングなどに使用します。(油は時間が経つと酸化するので、できれば数日のうちに使い切ります)

この巻き方、小さくて可愛らしいし簡単です。残った皮の利用方法とともに、数年前に半年間だけですがお手伝いをした友人の呑み屋さんで覚えました。おすすめ。^v^
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
さとみさ~ん、
遅ればせながら・・
麻婆豆腐あたしも教わりたかったぁ。
来月は絶対参加します!!
さときっちんはちょこちょこ覗かせて頂いていて、
ちょこちょこ参考にしています。
今日はバジルとトマトとドライトマトのパスタを作りました。
ついでに人参のマリネも作りました。
(人参のマリネは岡本さんにも好評だった♪)
ドライトマトは初めての食材でしたが、
そのおいしさと便利さに一気に大好きになってます。
これからもさときっちん楽しみにしています。
料理教室も来月こそは参加しますので!!
(しつこいですね・・笑)
MIHO 2008/06/16/Mon/22:24:14 編集
MIHOちゃん
コメントありがと〜!
来月ぜひぜひ、お時間あったらきてみてね。
宴もまた開くね♪みんなでじゃぶじゃぶ飲もう!

パスタ&人参マリネ作ってくれたのね。うれしい。
マリネ、あまりに簡単だけどあたしもすき。^c^
ドライトマトも色々使えるから重宝するよね。
今度手作りドライトマトを作ろう!

また会えるのたのしみにしてるね♪
さとみ URL 2008/06/17/Tue/07:36:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
日々のつぶやき
 twilog:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メールフォーム
お仕事のご依頼、教室のお申し込みやお問い合わせ、メッセージ等はこちらからお願いします^v^ ↓
掲載誌、サイト
お仕事させていただいた雑誌やサイトのご紹介です。下記以外にも、こちらよりご覧いただけます。→
2014年7月「クリアアサヒプライムリッチ」スペシャルコンテンツにて、夏の和食レシピ制作とスタイリングを担当しました。

2013年8月発売「暮らし上手の副菜手帖」でお鍋ひとつでつくれる主菜と副菜をご紹介しています。

2013年7月発売「nid 28号」キッチンと愛用道具をご紹介しています。

2013年2月発売「暮らしの定番77」にて、キッチンの愛用品についてご紹介しています。

2013年2月 マルコメ(株)さまのウェブサイト内にある「発酵美食」というwebマガジンの取材をお受けしました。甘酒についてお話しています。

2013年2月発売「暮らしの手間ひま 365」にて、日々の道具のお手入れなどをご紹介させていただきました。

2012年12月発売「暮らし上手の定番和食」で、茶碗蒸しをはじめとしたたまご料理のご紹介をしています。

2012年12月発売「暮らし上手の贈りもの365」にて、わたしの贈り物の愛用品を掲載していただきました。

2012年10月25日発売「Hanako」1029号にて、マッコリに合うおつまみと、マッコリカクテルのレシピを担当させて頂きました。

2012年10月「R不動産toolbox」に「暮らしのトンテン」のインタビュー記事が掲載されました。

2012年9月「Anecan」の「さあLet's 菌活!」という特集にページにレシピ提供いたしました。

2012年7月「コラ活」サイト内の「ハリUPレシピ」にレシピ提供いたしました。

2012年6月28日発売 「anan特別編集 恋と幸せが舞い込む片づけ&収納アイデア」に、以前暮らしていたお部屋が掲載されています。

2012年6月26日発売 「暮らし上手の発酵食」の「だから、毎日、発酵食。」という特集ページで、塩麹について担当させて頂きました。

2012年5月24日発売 「Hanako」1019号の「食の賢者にアンケート!わたしのリピート買いリスト」というコーナーにて、アンケートにお答えさせて頂いています。

ヤマサ醤油さまのHPにて、「コラーゲンぷるんぷるんジュレ」を使用した発酵食レシピを紹介させて頂いています。2012.5.

ディノス(dinos)さまのサイト内、Hot dinosのBody&Soulというコーナーにて、記事監修と、塩麹の作り方&塩麹を使ったレシピをご紹介しています。2012.5.

2012年3月7日発売の「anan」の「達人たちの”気持ちいい部屋”拝見!!」というコーナーに、我が家のリビングが掲載されています。…★

2011年11月21日発売 「食べようびvol.4」で「キッチングッズの新トリセツ」というコーナーを担当させて頂きました。

2011年7月13日発売 「女子キッチン」に我が家のキッチンが掲載されています。

 
    ★レシピブログ参加中です★   

リンク、トラックバックフリーです。コメントや下記メールフォームにてお知らせ頂けるとありがたいです。(こちらと関係の無いコメントやトラックバックは予告なく削除させて頂くことがあります) レシピ及び画像、記事の無断転載はご遠慮下さい。

これまでの記事
ブログ内検索
ブログ内で検索したいキーワード、食材などはこちらをお使いください  ↓  ↓  ↓
バーコード
Friends&Favorite
忍者ブログ[PR]