忍者ブログ
≪ Newer - HOME - Older ≫



シンプルな焼き野菜がとてもすきです。

色々なお野菜を焼いて盛り合わせ、美味しい岩塩だけで頂くことが多いけれど、今回はしっかりとボリュームのある一品。白いごはんにも合うし、お酒のお供としてもぴったりです。

一件材料が多くみえるけれど、中華料理や韓国料理の醤はいくつか揃えておくととても便利。
炒め物に少し加えるだけで味に深みがでるしパンチが出ます。
それでも材料を揃えるのが大変であれば、肉を炒めたあとは醤油や味噌、ラー油なんかを加えて好みの味に仕上げれば良いと思うのです。

料理って、レシピ通りつくるのはちょっぴり窮屈だと思うから。

   。   。   。   。   。

〜焼き蓮根の肉味噌のせ〜

材 料:3〜4人分
    蓮根 一節 →熱さ1cmくらいの輪切りにし皮をむいて水にさらす
    ★以下、肉味噌の材料
    豚挽き肉 200g
    にんにく 二片→微塵切り
    生姜 15g→微塵切り(お好みに応じて減らして下さい)
    赤唐辛子 一本→細切り(辛いのが好きであれば種も使用)
    葱 1本→青い部分も含め微塵切り

    胡麻油、サラダ油 各大さじ1/2

    水 大さじ2&鶏ガラスープの素 小さじ1/2程度
    コチュジャン、豆板醤、豆豉醤、甜麺醤、花椒辣醤 各小さじ1

    あれば花椒パウダー 少々


作り方:1)フライパンに胡麻油、油、にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ弱火で香りが出る迄
    じっくり加熱する(※たまに混ぜれば良いのでこの間に葱を刻みます)

    2)香りが出て来たら葱を加え、中火でしんなりするまで炒めたら強火にして
    豚挽き肉を加え炒める

    3)挽き肉に火が通ったら水と調味料を全て加え馴染ませ再沸騰させる
    ※水分が多ければここで飛ばす

    4)フライパンにサラダオイルを熱し、水気をふいた蓮根を並べて焼き
    こんがりして串が通るくらいになったら器に盛り、熱々の肉味噌をのせる
    ※あれば仕上げに花椒パウダーをふる


memo:蓮根は水にさらしてアクを除いてから焼きます。白く仕上げたければ酢水にさらしますが、水だけで十分です。また、蓮根は焼き上がるのに少し時間がかかるので、3)のあたりから平行して進めると仕上がりのタイミングが同じくらいになります。
花椒辣醤(ファージャオラージャン)、花椒パウダーは麻婆豆腐を作るときに重宝するのでとにかくお気に入り。でもあまり色々なところでは扱っていないので、あたしもストックが無い時は入れずに作ります。肉味噌は蒸したもやしなどにのせても美味しいし、レタスなどで包んでおつまみにしてもいいので、一人暮らしのあたしは多め(レシピの分量くらい)に作り、冷蔵保存します。4日くらいは十分もちます 。
ちなみにこの肉味噌は結構辛いので、お好みで生姜や赤唐辛子は控えめにしてください。


醤(60g)はユウキ食品さん、パウダー(25g)はマスコットフーズさんです



★3/14までトップページにてご紹介頂いているサイトです→献立クラブさん
★ランキングに参加させて頂いているサイトです→
レシピブログさん
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181]
日々のつぶやき
 twilog:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メールフォーム
お仕事のご依頼、教室のお申し込みやお問い合わせ、メッセージ等はこちらからお願いします^v^ ↓
掲載誌、サイト
お仕事させていただいた雑誌やサイトのご紹介です。下記以外にも、こちらよりご覧いただけます。→
2014年7月「クリアアサヒプライムリッチ」スペシャルコンテンツにて、夏の和食レシピ制作とスタイリングを担当しました。

2013年8月発売「暮らし上手の副菜手帖」でお鍋ひとつでつくれる主菜と副菜をご紹介しています。

2013年7月発売「nid 28号」キッチンと愛用道具をご紹介しています。

2013年2月発売「暮らしの定番77」にて、キッチンの愛用品についてご紹介しています。

2013年2月 マルコメ(株)さまのウェブサイト内にある「発酵美食」というwebマガジンの取材をお受けしました。甘酒についてお話しています。

2013年2月発売「暮らしの手間ひま 365」にて、日々の道具のお手入れなどをご紹介させていただきました。

2012年12月発売「暮らし上手の定番和食」で、茶碗蒸しをはじめとしたたまご料理のご紹介をしています。

2012年12月発売「暮らし上手の贈りもの365」にて、わたしの贈り物の愛用品を掲載していただきました。

2012年10月25日発売「Hanako」1029号にて、マッコリに合うおつまみと、マッコリカクテルのレシピを担当させて頂きました。

2012年10月「R不動産toolbox」に「暮らしのトンテン」のインタビュー記事が掲載されました。

2012年9月「Anecan」の「さあLet's 菌活!」という特集にページにレシピ提供いたしました。

2012年7月「コラ活」サイト内の「ハリUPレシピ」にレシピ提供いたしました。

2012年6月28日発売 「anan特別編集 恋と幸せが舞い込む片づけ&収納アイデア」に、以前暮らしていたお部屋が掲載されています。

2012年6月26日発売 「暮らし上手の発酵食」の「だから、毎日、発酵食。」という特集ページで、塩麹について担当させて頂きました。

2012年5月24日発売 「Hanako」1019号の「食の賢者にアンケート!わたしのリピート買いリスト」というコーナーにて、アンケートにお答えさせて頂いています。

ヤマサ醤油さまのHPにて、「コラーゲンぷるんぷるんジュレ」を使用した発酵食レシピを紹介させて頂いています。2012.5.

ディノス(dinos)さまのサイト内、Hot dinosのBody&Soulというコーナーにて、記事監修と、塩麹の作り方&塩麹を使ったレシピをご紹介しています。2012.5.

2012年3月7日発売の「anan」の「達人たちの”気持ちいい部屋”拝見!!」というコーナーに、我が家のリビングが掲載されています。…★

2011年11月21日発売 「食べようびvol.4」で「キッチングッズの新トリセツ」というコーナーを担当させて頂きました。

2011年7月13日発売 「女子キッチン」に我が家のキッチンが掲載されています。

 
    ★レシピブログ参加中です★   

リンク、トラックバックフリーです。コメントや下記メールフォームにてお知らせ頂けるとありがたいです。(こちらと関係の無いコメントやトラックバックは予告なく削除させて頂くことがあります) レシピ及び画像、記事の無断転載はご遠慮下さい。

これまでの記事
ブログ内検索
ブログ内で検索したいキーワード、食材などはこちらをお使いください  ↓  ↓  ↓
バーコード
Friends&Favorite
忍者ブログ[PR]