忍者ブログ
≪ Newer - HOME - Older ≫
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




少し前に食べたパスタ。
ちょっと固くなってしまった白カビ系のチーズ(名前忘れてしまった。。)を、きのこのオイルオンフィと組み合わせたシンプルで濃厚なパスタ。
黒胡椒をたっぷりと効かせて、新玉葱とセロリ、トマトのさっぱりサラダと一緒に頂きました。実はパスタはB氏作。あたしはサラダ担当でした。

美味しかった〜!ご馳走さまでした。^人^

   。
   。
   。

湿度が高くて蒸し暑い今日。
こんな日はビールが最高に美味しいだろうな〜〜。
しがし、色々とやらねばならぬ事もあり、いまは我慢我慢。
金曜日には一仕事終えて美味しいビールが飲めそうなので、その時は今日みたいに蒸し暑いと嬉しいな〜。

ところで...おもむろにツイッター始めてみました〜。^c^
まだまだわからないことだらけなのですが。。そしてなんてことないつぶやき多し、になりそうな予感ですが、、右のプラグインに貼付けましたので、IDお持ちの方もそうでない方も、ふと気が向いたらお気軽にお付き合いくださいネ。

http://twitter.com/satomi_yugi


コメントのお返事お待たせしていてごめんなさい。(>_<) 今日明日でお返事させてください★


PR



いまが旬のホタルイカ。
バジルの風味たっぷりのジェノバソースで香りの良いパスタにしてみました。
写真だとわかりにくいけど、全体的にもう少し緑です。^^;

とっても簡単なパスタだけれど、香りがよくて美味しい♪
ジェノバペーストはサラダやピザなどにも使えるので、ひとつあるととっても便利です。
ご馳走さまでした!^人^


   。   。   。   。   。


〜ホタルイカとフルーツトマトのジェノバペーストパスタ〜

【材 料】1人分
パスタ…70〜80g
ホタルイカ(ボイルしたもの)…適量
白ワイン…大さじ1
フルーツトマト…1個
ジェノバソース(市販品)…大さじ1
粉チーズ…小さじ1〜(お好みで)
塩、黒胡椒…適宜
パセリ…少々
エキストラバージンオリーブオイル…小さじ1/2程度

【作り方】
1)パスタはタイミングをみて塩を加えた熱湯でアルデンテに茹でる。フルーツトマトは一口大に切る。パセリは微塵切りにする。
2)フライパンにホタルイカと白ワインを入れ火にかけ、アルコール分を飛ばしながらホタルイカをふっくらとさせワインの風味をつける。
3)一煮立ちしてアルコールが飛んだらフルーツトマトとジェノバペーストを加え、全体をさっと絡めたら火を止めて茹でたパスタと粉チーズを加え絡める。
4)塩、黒胡椒で味を整えたら器に盛り、エキストラバージンオリーブオイルとパセリを散らす。

【memo】
黒胡椒とパセリはちょっと多めの方が魚介の臭みをさっぱりとしてくれて美味しいです。ジェノバペーストはメーカーさんによってかなり味が違うと思うので、粉チーズと塩の量は味をみて調整します。

   。
   。
   。

妙に気に入り、別の日に具材をボウルで絡めてアボカドと合わせサラダも作ってみました。写真が暗くて見にくいですが、、色合いも奇麗でワインによく合いました♪^^




   。   。   。   。   。


ところで、疲れが溜まっていたのか、数日前からちょっと喉が痛いな、、と思っていたら、昨日の朝から殆ど声がでなくなってしまいました。^へ^
暖かくして過ごしているのだけれど、今朝には完全に声がでない状態で、いよいよ咳も。。
ひー。風邪のようです。。。
ここ数日少し気温も低かったしなあ。。とりあえず安静にしてます。
みなさまもお気をつけくださいね。




昨日お昼に食べた簡単パスタ。
またもやきのこのオイルコンフィがベースなのだけれど。。^^;
美味しくいただきました!ご馳走さまでした♪

   。   。   。   。   。

〜フルーツトマトとベーコン、オイルコンフィのパスタ〜

【材 料】1人分
パスタ 70〜80g
フルーツトマト 1個
ベーコン(ブロック)20g前後
きのこのオイルコンフィ トングひとつかみ程度
ハーブソルト、黒胡椒 各少々

【作り方】
1)ベーコンは食べやすい大きさに切る。フルーツトマトは一口大に切る。パスタはタイミングをみて塩を加えた熱湯でアルデンテに茹でる。
2)フライパンにベーコンを入れて中火でこんがりと焼き色をつけたら、きのこのオイルコンフィとカットしたフルーツトマトを入れてさっと炒める。
3)茹でたパスタと茹で湯少々を加え絡め、ハーブソルトと黒胡椒で味を整えて器に盛る。

【memo】
今回は冷蔵庫に浸し豆があったので上に散らしてみましたが、無くてもokです。というか、、無くていいかな。すみません。^c^;

   。
   。
   。

それにしてもハーブソルトは本当に便利。
オレガノ、タイム、ローズマリーに岩塩を加えたオリジナルブレンドなのだけれど、パスタに限らず、いろいろなものにガリガリと削っています。おすすめ♪



なにやらバタバタしております。
みなさんのところにものんびりと伺わせて下さいね。良い週末を!!♪^c^/



ちょっとくったりとしていたので、お昼はごくごく簡単なパスタとなりました。
度々登場のきのこのオイルコンフィとせりで、春の味覚と秋の味覚。。
分量がざっくりですが、覚え書き程度にレシピをメモ。


   。   。   。   。   。


〜せりときのこの和風パスタ〜

【材 料】1人分
パスタ 70〜80g
せり 適量
きのこのオイルコンフィ
トングひとつかみ
醤油 小さじ1〜
黒胡椒 多め

【作り方】
1)パスタを茹でる。きのこのオイルコンフィは耐熱ボウルに入れてレンジで温める。
2)せりは3cm長さに切り、葉はボウルにいれて和え、茎はパスタが茹で上がる直前に一緒にさっと茹でる。
3)茹で上がったパスタと茎もボウルに入れ、醤油と黒胡椒を加え全体を絡めて器に盛る。

【memo】
オイルコンフィ、せりの量はお好みで。(今回はせりがかなりたっぷり入っています。)

   。
   。
   。


この春はせりをよく口にしています。
せりはそのまま生でたくさん食べるとかなり苦みを感じるけれど、他の食材が加わると、その苦みがほろ苦さとなって、すごくいい味わいになってくれる。

焼き蓮根と組み合わせたサラダも、蓮根抜きだと実は苦みが立って少し食べにくい。
苦みのある野菜が大好きなあたしが少し食べにくいなんて、すごく珍しいことなのだけど。
でも蓮根が入ることでとびきり好みの味わいになって、たっぷりと食べられる。
この前の宴でも、このサラダはとっても好評だった。

そして今日のパスタもそう。
せりがたっぷりあったので、どう食べようかな、、といつものようにとりあえず葉っぱをがぶりと丸かじりしたら、意外な程苦かった。^っ^;
まあ、丸かじりの量も多かったよな、、と思うけど。
でもオイルコンフィと組み合わせただけで、これまたせりのほろ苦さの効いた、とっても美味しいパスタになりました。ご馳走さまでした♪




みなさんのところに伺ってはいてもなかなかコメントを残せずごめんなさい。
本日コメント欄お休みしますね。どうぞ良い週末をお過ごしください。^v^☆




少し前、久しぶりにきのこのオイルコンフィを作りました。
フレッシュのタイムが無かったので、今回は
ハーブソルト使用。
でもドライのタイムで十分だし、他のハーブでも美味しいと思います。
写真はバルサミコ酢を加えてパスタにアレンジしたもの。
さっぱりとしてすごく美味しかった♪ご馳走さまでした!


   。   。   。   。   。


〜きのこのオイルコンフィとトマトのバルサミコパスタ〜


材 料;1人分
パスタ 80g前後
きのこのオイルコンフィ(
) おたま1/2杯分程度
フルーツトマト 1個
イタリアンパセリ たっぷり
バルサミコ酢 小さじ2〜3
岩塩 適宜

作り方:
1)パスタはタイミングをみて塩を加えた熱湯で茹でる。フルーツトマトは1cmの角切りにし、イタリアンパセリはざく切りにしておく。
2)ボウルにきのこのオイルコンフィ、フルーツトマト、バルサミコ酢を入れてよく絡める。
3)2)に茹でたパスタとイタリアンパセリを加え和え、味をみて塩で整えたら器に盛る。

memo:冷蔵庫で保存してオイルコンフィが冷たい場合は、トマトと合わせたら軽くレンジ加熱して温めておくと良いと思います。またはカッペリーニを使い、しっかりと茹でた後水にとり、冷製パスタに仕上げても美味しそう。

 

バルサミコ酢をかけるアレンジは、クレソンと合わせてサラダにもしました。こちらもフルーツトマトです。苦みと甘み、酸味のバランスがばっちりでした。
あと、写真はありませんがスライスしたアボカドとの組み合わせも美味しかった。きのこのオイルコンフィ&バルサミコ酢、ちょっとハマっています。^q^

   。
   。
   。

今日は雨。
随分と降っているなあ。
でも雨の音はすき。
なんだか落ち着きます。

とはいえ、、冷える。
みなさまも風邪などひかぬよう、あたたかくしてお過ごしください。^v^




先週、相棒B氏と一緒に頂き物のウニをメインにした夜がありました。
二人で食べるには量が多かったので、残りは翌日のパスタに。

ちょっと贅沢に(そしてカロリーは気にせず、、)ウニと蟹のクリームパスタです。
ボウルにウニと蟹缶、生クリーム、少量のおろしにんにくとエキストラバージンオリーブオイルを合わせ、塩と黒胡椒で味を整えたら茹でたフジッリを絡めるだけ。

ウニは二人合わせて軍艦巻き3〜4貫分くらいだったと思うけど、少量でもとてもいい味になりました。蟹缶は小さいもので、55g入りのものを1缶。
黒胡椒は控えめに、甘みを引き立てる程度です。

日頃口にしない、ちょっと贅沢なパスタ。
こういう濃厚なパスタは少量で大満足。フジッリも二人で軽くふたつかみくらいでした。

と、いっても実はこのパスタはB氏作。。
あたしが他のものを作っている間に作っておりました。
濃厚だけれど優しい味でとっても美味しかった♪
どうもありがとう〜。ご馳走さまでした。^人^




ボンゴレが食べたい!と、6〜7年前にかなり頻繁に作った時期がありました。

妙にはまり何度も作った結果、しめじとトマト、そしてバジルを入れるのに落ち着いた。

これからどんどんあさりも美味しくなってくるので、美味しい時期にいっぱい食べたいな〜。

   。   。   。   。   。

〜あさりとバジルのパスタ〜

【材料】2人分
パスタ 180〜200g
しめじ 1p
トマト 小1個
あさり

エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1
にんにく 1片
赤唐辛子 1本
ドライバジル 小さじ1
白ワイン 40cc

オレガノ、タイム、ローズマリー(ドライ)各小さじ1/4
茹で汁、塩 適宜
仕上げにエクストラバージンオリーブオイル 小さじ1〜

【作り方】
1)あさりは砂抜きして殻と殻をこすりあわせるようにしてよく洗い、水気をきっておく。しめじは石突きを除きほぐし、トマトは1cmの角切りにしておく。にんにくは包丁の腹で潰す。
2)フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ弱火で加熱し、オイルに香りが移ったら中火でしめじがしんなりするまで炒める。
3)あさり、白ワインを加え蓋をして、あさりの口が開くまで時々フライパンを揺すりながら蒸す。
4)あさりの口が開いたらトマト、バジル、ハーブ類を加えソース全体をよく混ぜたら、アルデンテよりも更に固めに茹でたパスタを加える。
5)あさりのスープを吸わせる様にしながらアルデンテに仕上げる。途中水分が足りない様であれば茹で湯を加える。仕上げにエクストラバージンオリーブオイルを加え、味をみて足りない様であれば塩で整える。

【memo】
あさりは加熱しすぎると痩せてしまうので、口が少し開いたころに蓋を外します。ドライハーブは指で細かくすりつぶすようにして入れます。バジルは生を加えても美味しい。

   。   。   。   。   。


今日は珍しく朝イチの授業が無く、少しのんびりの朝。
少し前の写真&メモしてあったレシピですが、upしてみました。

・・何故なら、今あさりのパスタが食べたいから。。ワハ。^q^
近々作ろうと思います。

さて、そろそろ支度をしなければ!
今日も一日ガンバロウ☆

    。
    。
    。

・・と、いま珍しくテレビをつけてみたら、「スッキリ!」という番組に、以前働いていた吉祥寺「レモンドロップ」の映像が!!!
スタジオでは「桜ロール」という春限定のロールケーキが食べられていました。美味しそう〜!初めて見た。今度食べよ!^c^
去年結婚したkくんもばっちり映ってました。ワハハ。すごいタイミング♪


前回の記事にコメントありがとうございます!
改めてゆっくりお返事させてください♪皆様よい一日を。^v^/


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
日々のつぶやき
 twilog:
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メールフォーム
お仕事のご依頼、教室のお申し込みやお問い合わせ、メッセージ等はこちらからお願いします^v^ ↓
掲載誌、サイト
お仕事させていただいた雑誌やサイトのご紹介です。下記以外にも、こちらよりご覧いただけます。→
2014年7月「クリアアサヒプライムリッチ」スペシャルコンテンツにて、夏の和食レシピ制作とスタイリングを担当しました。

2013年8月発売「暮らし上手の副菜手帖」でお鍋ひとつでつくれる主菜と副菜をご紹介しています。

2013年7月発売「nid 28号」キッチンと愛用道具をご紹介しています。

2013年2月発売「暮らしの定番77」にて、キッチンの愛用品についてご紹介しています。

2013年2月 マルコメ(株)さまのウェブサイト内にある「発酵美食」というwebマガジンの取材をお受けしました。甘酒についてお話しています。

2013年2月発売「暮らしの手間ひま 365」にて、日々の道具のお手入れなどをご紹介させていただきました。

2012年12月発売「暮らし上手の定番和食」で、茶碗蒸しをはじめとしたたまご料理のご紹介をしています。

2012年12月発売「暮らし上手の贈りもの365」にて、わたしの贈り物の愛用品を掲載していただきました。

2012年10月25日発売「Hanako」1029号にて、マッコリに合うおつまみと、マッコリカクテルのレシピを担当させて頂きました。

2012年10月「R不動産toolbox」に「暮らしのトンテン」のインタビュー記事が掲載されました。

2012年9月「Anecan」の「さあLet's 菌活!」という特集にページにレシピ提供いたしました。

2012年7月「コラ活」サイト内の「ハリUPレシピ」にレシピ提供いたしました。

2012年6月28日発売 「anan特別編集 恋と幸せが舞い込む片づけ&収納アイデア」に、以前暮らしていたお部屋が掲載されています。

2012年6月26日発売 「暮らし上手の発酵食」の「だから、毎日、発酵食。」という特集ページで、塩麹について担当させて頂きました。

2012年5月24日発売 「Hanako」1019号の「食の賢者にアンケート!わたしのリピート買いリスト」というコーナーにて、アンケートにお答えさせて頂いています。

ヤマサ醤油さまのHPにて、「コラーゲンぷるんぷるんジュレ」を使用した発酵食レシピを紹介させて頂いています。2012.5.

ディノス(dinos)さまのサイト内、Hot dinosのBody&Soulというコーナーにて、記事監修と、塩麹の作り方&塩麹を使ったレシピをご紹介しています。2012.5.

2012年3月7日発売の「anan」の「達人たちの”気持ちいい部屋”拝見!!」というコーナーに、我が家のリビングが掲載されています。…★

2011年11月21日発売 「食べようびvol.4」で「キッチングッズの新トリセツ」というコーナーを担当させて頂きました。

2011年7月13日発売 「女子キッチン」に我が家のキッチンが掲載されています。

 
    ★レシピブログ参加中です★   

リンク、トラックバックフリーです。コメントや下記メールフォームにてお知らせ頂けるとありがたいです。(こちらと関係の無いコメントやトラックバックは予告なく削除させて頂くことがあります) レシピ及び画像、記事の無断転載はご遠慮下さい。

これまでの記事
ブログ内検索
ブログ内で検索したいキーワード、食材などはこちらをお使いください  ↓  ↓  ↓
バーコード
Friends&Favorite
忍者ブログ[PR]